ITEM

命とられるわけじゃない

著者 村山由佳

命とられるわけじゃない

著者 村山由佳

村山由佳の猫エッセイ、待望の新刊!

父、愛猫〈もみじ〉に続いて、確執の深かった母を亡くした著者。その母の葬儀で、1匹の猫と出会う。小さなその猫が、止まっていた時間をふたたび動かし……。

「〈後悔〉と〈愛惜〉とは別のものだ」
「愛情は、限られた食糧ではない」
「冷静に考えれば、年を重ねてから楽になったことのほうがずっと多い」
「譲れないことも、許せないことも、人生に一つか二つあれば充分」
「どれほどしんどく思えても、生きてゆく途上で起こるたいていのことは、そう――とりあえず、〈命とられるわけじゃない〉のだ」

今がしんどい人、老いゆく心身に向き合う人、大切なものを失った人、親との関係に悩む人、そして猫を愛するすべての人に贈る1冊。
愛らしい猫たちや美しい軽井沢の写真も多数収録。

発売日
2021/3/26
定価
1500円(本体)+税
判型
四六判
ページ数
244ページ
ISBNコード
978-4-8342-5345-0