duet

02 FEB
2017
1/7(土)発売!
[特別定価]
690YEN
ご購入はコチラ

| COVER | 表紙[NEWS]

  • 3Kis-My-Ft2ピンナップ
  • 7『ジャニーズ・オールスターズ・アイランド』ピンナップ
  • 11A.B.C-Zピンナップ
  • 14Mr.KINGピンナップ
  • 17NEWS
  • 23Kis-My-Ft2
  • 32Hey! Say! JUMP
  • 43Sexy Zone
  • 50A.B.C-Z
  • 55ジャニーズWEST
  • 64Mr.KING
  • 66Love-tune
  • 68Snow Man
  • 70HiHi Jet
  • 72SixTONES
  • 74Travis Japan
  • 76Prince
  • 78関西ジャニーズJr. 西畑大吾・大西流星・向井康二
  • 80関西ジャニーズJr. 赤名竜乃介・正門良規・小島 健・道枝駿佑・高橋恭平・長尾謙杜
  • 81ジャニーズJr.インタビュー
  • 89関ジャニ∞ライブレポート
  • 90『ジャニーズ・オールスターズ・アイランド』レポート
  • 92関西ジャニーズJr.ライブレポート
  • 93ふぉ~ゆ~『23階の笑い』レポート
  • 94d-SEARCH
  • 96J@LINE
  • 99読者ページ ワチャワチャの森
  • 102Mogitate情報サプライズ
  • 105東村アキコの“テンパってるJ”
  • 110TAKARAZUKA TIMES Returns 綺咲愛里
  • 113tvitter
  • 117 Sound Station
  • 118Movie Review
  • 119ハッピー&ラッキーHoroscope
  • 120目次
  • 121千葉雄大
  • 122武井 咲
  • 123堀井新太
  • 124犬飼貴丈
  • 125大野拓朗
  • 126瀬戸利樹
  • 127渡辺麻友
  • 129内 博貴
  • 130中山優馬
  • 132Jr.BANG HYPER 松田元太・松倉海斗・中村嶺亜・髙橋 颯、東京B少年、本髙克樹・村木亮太・菅田琳寧
  • 135dPATROL 撮影小道具プレゼント
  • 136Sexy Zone A La Mode
  • 137月刊!平成ジャンプ
  • 140Hey! Say! 7 Ultra RADIO JUMP
  • 142ジャニーズWESTyle
  • 144キスラジGO!
  • 146Kis-My-Ft2通信
  • 147A.B.C-Zのえびらんど
  • 148NEWS COLLECTION
  • 149ARASHI ZOOM
  • 150100PIECEs SELECTION
  • 152 J-Novel 2nd SEASON 橋本 涼
INDEXもくじをひらく

【duetのバックナンバーについてのご案内】 duetのバックナンバーは、以下の方法でご購入できる場合がございます。 お近くの書店様で「duetの○年○月号を購入したい」とご注文いただければ、在庫がある限り、多少お時間はいただきますが、注文された書店様にて受け取り、購入することができます。送料・手数料等はかかりません。 1月現在、duetのバックナンバーの在庫は約1年分(2016年2月号~2017年1月号)です。在庫には限りがございますので、品切れの際はご了承ください(2016年5月号・6月号はご好評につき既に品切れです)。

気になる続きは
duet 本誌で!

今回の[東村アキコのテンパってる J]

今月のテンパってるJは、NEWSが4人そろって登場! 表紙の撮影現場のようすを東村先生の弟子・ヤマジ氏がレポートしてくれました。

今回の[東村アキコのテンパってる J]

今月のテンパってるJは、NEWSが4人そろって登場! 表紙の撮影現場のようすを東村先生の弟子・ヤマジ氏がレポートしてくれました。

気になる続きは
duet 本誌で!

最近、雑誌に掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行なって、許諾なくブログ、SNS等において公開する行為が目立つようになっています。たとえ気軽な気持ちでネット上にアップされたものであっても、これらの行為は著作権、肖像権等を侵害するものであり、場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償を請求される可能性があります。くれぐれもご注意ください。

duet 最新号こちら

duet [表紙] NEWS
NEW 02 FEB
2017
[duet 2月号] 2017/1/7(土)発売

最近、雑誌に掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行なって、許諾なくブログ、SNS等において公開する行為が目立つようになっています。たとえ気軽な気持ちでネット上にアップされたものであっても、これらの行為は著作権、肖像権等を侵害するものであり、場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償を請求される可能性があります。くれぐれもご注意ください。