duet

09 SEP
2017
8/7(月)発売!
[特別定価]
690YEN
ご購入はコチラ

| COVER | 表紙[ジャニーズWEST]

  • 3 Hey! Say! JUMP ピンナップ
  • 7 Kis-My-Ft2ピンナップ
  • 11ジャニーズWEST
  • 21NEWS
  • 27Hey! Say! JUMP
  • 37Kis-My-Ft2
  • 45Sexy Zone
  • 51A.B.C-Z
  • 56中山優馬
  • 59NEWSピンナップ
  • 61Sexy Zoneピンナップ
  • 63tvitter
  • 67読者ページ ワチャワチャの森
  • 71東村アキコの“テンパってるJ”
  • 76TAKARAZUKA “d”COLLECTION 永久輝せあ
  • 78d―SEARCH
  • 80J@LINE
  • 81Sound Station
  • 82Mogitate情報サプライズ
  • 85ハッピー&ラッキーHoroscope
  • 86目次
  • 87犬飼貴丈
  • 88堀井新太
  • 89千葉雄大
  • 90竹内涼真
  • 91渡辺麻友
  • 92瀬戸利樹
  • 94武井 咲
  • 95内 博貴
  • 96Movie Review 関西ジャニーズJr.
  • 96ふぉ~ゆ~
  • 96『~君たちが~KING’S TREASURE』ライブレポート
  • 103NEWS COLLECTION
  • 104月刊!平成ジャンプ
  • 107Hey! Say! 7 Ultra RADIO JUMP
  • 108Kis-My-Ft2通信
  • 110キスラジGO!
  • 112Sexy Zone A La Mode
  • 114ジャニーズWESTyle
  • 116Jr.BANG HYPER 寺西拓人・中村嶺亜・松倉海斗・松田元太
  • 118A.B.C-Zのえびらんど
  • 119Mr.KING
  • 122東京B少年
  • 124HiHi Jet
  • 126Love-tune
  • 128SixTONES
  • 130Snow Man
  • 132Travis Japan
  • 134Prince
  • 136西畑大吾・大西流星・向井康二・室 龍太
  • 138関西ジャニーズJr. (道枝・高橋・長尾・大西風雅・川北・嶋﨑)
  • 140Hey! Say! JUMP デビュー10周年記念連載 2007→2017 プレイバック JUMP Selection
  • 142ARASHI ZOOM『嵐の“ワクワク”学校』レポート
  • 145撮影グッズプレゼント
  • 148100PIECEs SELECTION
  • 150J-Novel 2nd SEASON 道枝駿佑
INDEXもくじをひらく

【duetのバックナンバーについてのご案内】 duetのバックナンバーは、以下の方法でご購入できる場合がございます。 お近くの書店様で「duetの○年○月号を購入したい」とご注文いただければ、在庫がある限り、多少お時間はいただきますが、注文された書店様にて受け取り、購入することができます。送料・手数料などはかかりません。 8月現在、duetのバックナンバーの在庫は約1年分(2016年10月号~2017年9月号)です。在庫には限りがございますので、品切れの際はご了承ください(2016年5月号、6月号、7月号、8月号、10月号、11月号、12月号、2017年3月号、4月号はご好評につき、すでに品切れです)。

気になる続きは
duet 本誌で!

今回の[東村アキコのテンパってる J]

今月のテンパってるJは、ヤマジ氏がジャニーズWESTの現場へGO! 笑いの絶えないスタジオ内のようすをレポートしてくれました!

今回の[東村アキコのテンパってる J]

今月のテンパってるJは、ヤマジ氏がジャニーズWESTの現場へGO! 笑いの絶えないスタジオ内のようすをレポートしてくれました!

気になる続きは
duet 本誌で!

最近、雑誌に掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行なって、許諾なくブログ、SNS等において公開する行為が目立つようになっています。たとえ気軽な気持ちでネット上にアップされたものであっても、これらの行為は著作権、肖像権等を侵害するものであり、場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償を請求される可能性があります。くれぐれもご注意ください。

最近、雑誌に掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行なって、許諾なくブログ、SNS等において公開する行為が目立つようになっています。たとえ気軽な気持ちでネット上にアップされたものであっても、これらの行為は著作権、肖像権等を侵害するものであり、場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償を請求される可能性があります。くれぐれもご注意ください。