世界を揺るがす トランプイズム ビジネスマン、ドナルド・トランプを読み解く 池上 彰

内容紹介

かつて、これほど格調の低い大統領演説があっただろうか?その演説で訴えた「アメリカ・ファースト」は世界を揺さぶり始めている! 就任後の最新情報もふまえて、緊急出版! 世界を揺るがすトランプイズム ビジネスマン、ドナルド・トランプを読み解く 池上彰 著 / グローバリズムの反動の波が押し寄せようとしている2017年、政治経験のなかったドナルド・トランプがアメリカ大統領に就任した。「アメリカ・ファースト」を連呼するビジネスマン大統領の誕生。トランプ以前とトランプ以後、世界はこう変わっていく。日米同盟、日米貿易、TPP、アジア情勢……。いま日本人がいちばん知りたいこと、そして理解しておかなくてはならないことが、ここにある。/2月24日発売 本体1,300円+税(発行ホーム社、発売集英社) トランプ本の決定版!いま一番知りたいことを池上彰が分析して解説!ビジネスマン大統領の手法、「トランプイズム」とは、これだ!

試し読み

はじめに

二〇一六年一一月、次期アメリカ大統領を決める選挙は、世界が驚く結果となりました。共和党の大統領候補ドナルド・トランプが大方の予想をくつがえし、民主党の大統領候補ヒラリー・クリントンを抑えて当選したのです。「トランプ・ショック」という言葉も生まれるほどの大番狂わせの結果、一時的ではありましたが株価は下落し、ドル安になりました。この先のアメリカ政治がいかに不透明なものになったかが、市場によっても示されました。

私は二〇一六年の二月からたびたびアメリカに渡り、今回の大統領選挙を追いかけてきました。選挙こそがアメリカの本当の姿を照らし出す鏡であり、結果は世界に大きな影響を与えるからです。この国独特の大統領選挙制度から滲み出る国民の動向や、日本ではなかなか報道されない変化をじかに見たいと思っていました。予備選挙が始まった当初は、トランプが共和党の候補になることすらあり得ないという雰囲気でした。差別的な発言の倉庫と言ってもいいようなトランプは、「暴言王」とまで呼ばれ始めます。それを面白がるかのように、テレビや新聞などのメディアがとりあげました。ところが、トランプの支持率が徐々に上がっていきます。「まさか」とは思いつつも、現場でその様子を見ていると、「なるほど、トランプはアメリカ国民の支持をこうやって増やしているのか」と、少しずつ変化していく状況やその理由が見えてきました。トランプのビジネスマンならではの手法と、それを支持者たちが歓迎するようになった現代アメリカの社会背景がわかると、トランプが大統領になったことも頷けるのです。

二〇一七年一月二〇日(日本時間二一日)、首都ワシントンDCで大統領就任式が行われ、ドナルド・トランプは第四五代アメリカ大統領に就任しました。 かつて、これほど格調に乏しい就任演説があったでしょうか。自由や民主主義について語られることはなく、繰り返されたのは「Make America Great Again(アメリカを再び偉大にする)」という大統領選挙戦中の決まり文句でした。選挙で戦った対立候補やその支持者に嫌な思いをさせないためにも、就任演説では選挙戦中のキャッチフレーズは使わない。これがこれまでの暗黙の配慮でしたが、トランプにはこういったデリカシーはなかったようです。「アメリカ・ファースト=アメリカ第一主義」ばかりを強調する内容には、列席したオバマ前大統領をはじめ、歴代大統領も当惑の表情でした。イギリスのEUからの離脱決定をきっかけに、ヨーロッパではナショナリズムを掲げ、自国の内政だけを重視する政党が勢力を伸ばし始めています。反グローバリズムの波は確実に世界に広がっています。「アメリカ・ファースト」を謳うトランプ新大統領の出現は、この波を大きく加速させる可能性があります。

大統領に就任するや否や、トランプはイスラム圏七か国の出身者のアメリカ入国を一時禁止にする大統領令を出しました。このため、アメリカの永住権やビザを持っていても入国できない人が相次ぎ、混乱が広がりました。これに対し、ワシントン州の連邦地方裁判所は、大統領令は憲法違反だとして差し止めを命じるなど、混乱はとどまるところを知りません。 トランプ新大統領の本質とは何か、彼によってアメリカはどう変わっていくのか、さらには新しいアメリカが世界や日本にどのような影響を及ぼすのか。この本で探っていきます。

二〇一七年 二月 ジャーナリスト・名城大学教授 池上彰

…もっとみる

目次

  1. 第1章   2016年の大統領選挙
  2. 第2章   ビジネスマン大統領の手法
  3. 第3章   アメリカが世界の警察をやめるとき
  4. 第4章   反グローバリズムの潮流と日米同盟
  5. 第5章   ディール(取引)にかけられる安全保障
  6. 第6章   変動するアメリカ経済と世界への影響
  7. 第7章   トランプイズムと就任演説から見えてくるもの

著者略歴

池上彰(いけがみ・あきら)
フリージャーナリスト。1950年長野県松本市生まれ。
慶應義塾大学経済学部卒。1973年NHK入局。
記者として災害や事件、消費者問題などを担当し、
1974年から「NHK週刊こどもニュース」初代お父さん役を11年間続ける。
2005年にNHKを退職。
フリーランスの立場で、幅広く活動する。
『そうだったのか!朝鮮半島』、
『高校生からわかるイスラム世界』、
『海外で恥をかかない世界の新常識』など、
著書多数。名城大学教授。

本の購入

世界を揺るがすトランプイズム
ビジネスマンドナルドトランプを読み解く
池上 彰 著

2月24日発売 本体1,300円+税
(発行ホーム社、発売集英社)